003 「下世話な話」のつづき

posted in: 日乗 | 0

歴史ある五大文芸誌の新人賞受賞の言葉で、過去これまで、賞金、つまり賤しくも(下世話な)カネの話をした例があっただろうか? たまに、そのあたりに妙に詳しい人もいたりするが、私は知らない。

半世紀以上続く純文学の賞だ、やはりそこは高踏的なカッコいい言葉で、バシッと決めるべきだったんだろうけれど、私としては一番の功のあった飼犬に触れないわけにはいかなかった。

もしかすると受賞の言葉は、「群像」の公式HPにそのうちあがるかも知れないが、勝手に転載するわけには行かないので、読んでない人はバックナンバー(2021年6月号)でチェックして欲しい。

とは言うものの、なかなかそうもいかないだろうから、カンタンに内容を説明すると、私は受賞の言葉で、「下世話な話だが」と、いくらか貰える賞金で、本作のネタ元の飼い犬に(取り分として)高級スーパーでササミ肉を買ってやると宣言したわけだ。

「とかなんとか言ってもどうせ口だけで、結局は犬の取り分もガメてんだろ?」なんて疑惑を封じる為に、今回は件のササミ肉レポをする。

成城石井? いやいや、関西で高級スーパーと言えば、イカリスーパーだ。関西圏以外の人には馴染みがないだろうから分かりやすく言えば、コープには「コープさん」なんて親しみを込めて「さん」づけをするが、イカリスーパーとくると、「さん」づけでは済まされない。まぁ、つけるなら、イカリ様だ。

最近(2021.6)ネットで話題になった「よく使う関西のスーパーマーケットを分類してみた(改)」でも、やはり頂点に君臨するのは「ikari」だ。「富裕層御用達」の更に上、「特権階級」と書いてある。

イカリ様。写ってないが、巨大なホンモノ?の錨が店の前に据えてある。

最近はスーパーでお買い物をしても、袋をくれなくなって、お金を払って買って、もちろん自分で袋詰めをしなければならないが‥‥‥。

そこにくるとイカリ様は違う。

袋もくれるし、必ずでは無いが大抵、レジ担当の人とはまた別の人が、買った商品を袋に詰めてくれる。

約束の、桃色にツヤツヤ光るササミ肉だ。

俺は。ボイルす。る。

ボイル。ハードに。ハードボイルドだ。

食えよ。思う存分。お前の取り分だ。

さすが高級(店の)肉。

脇目も振らずに食らいつく。

おい、うまいか? おい! どうだ?

「何だよ!うるせェーな!」とばかりに一度は振り向いたが、肉にガッツく彼が二度と此方の呼びかけに、振り向くことはなかった。