002 遅れてやってくる

posted in: 日乗 | 0

コロナ禍で、新人賞の受賞式は無いのだという。私は優秀作で、つまり佳作で拾われたのだけれど、当選作と優秀作。これが字面でもよくわからない。セッカチな友人は、私の方が「優秀」なんだと、ウヒョ~! と勘違いしていたが、ま、それはそのままにしておこう。

「群像」六月号の目次。当選二作(どちらも素晴らしい。未読の方には是非読むことをおすすめしたい)のヨコに、拙作「カメオ」も優秀作として載せて頂いたわけだが、最近は「鈍器」と形容されるほどに分厚くなった「群像」。それでも六月号の誌面には余裕がなく、掲載は七月号になると言うことだった。私が駄々をコネると、ますます背幅が拡がって、「鈍器」はいよいよ「箱」になりかねない。それはマズい。

とにかく作品を載せて頂けるのであれば、号が変わろうといいじゃないか。いや、全然構わない。いえいえ、ありがとうございます。

しかしそれはまた、なんだか受賞式に遅れ、緩んだネクタイで慌ててやって来た感があるな、という妄想から、ノートの隅にそんな絵を描いた。晴々三蔵之図だ。

因みにハレ晴レユカイでお馴染み、名著「涼宮ハルヒの憂鬱」を著した谷川流先生は、高校、大学とも同窓で、偉大なる大先輩である。

いや、しかしちょっと待てよ。六月、七月。それならば、二か月連続で雑誌に私の名前が載ることになる。記憶はとにかく反復だと言うから、これは僥倖。

というわけで「群像」七月号 6/7発売です。

表紙の画像はAmazonさんより。ワクワクするような、錚々たる執筆陣。コレは買いです。

拙作「カメオ」も、立ち読みすると脚が痺れてくるくらいの長さはあるので、皆さん、是非、本屋さんで「群像七月号」買って下さいね。