032 第171回芥川賞候補に選んでいただきました。感謝。(お知らせ×日乗)

posted in: お知らせ, 日乗 | 0

「バリ山行」(群像3月号)です。単行本にしていただけるとのことなので、皆さん本屋さんでお手に取ってみて(買って読んで)ください。 今はあまり言うこともないので、報せを受けた時の感じを描いて、置いておきます。さすがに慌てた … Continued

031 デカダン文士シリーズ 其の壱 だいたい笑っている檀一雄

posted in: 日乗 | 0

昨年9月、私は『群像』10月号の「文一の本棚」(講談社の文芸第一から出版された本から好きな作品をチョイスして書評)を担当させていただいた。なんでもOKということだったので、私は群像文芸文庫の「昭和期デカダン短篇集」なんて … Continued

030 「バリ山行」試し読みweb公開【講談社 現代メディア】(お知らせ×日乗)

posted in: お知らせ, 日乗 | 0

「バリ山行」(群像3月号掲載)の試し読み記事をつくっていただきました。本日、講談社 現代メディアの群像で公開されました。ありがとうございます。 「バリ山行」の冒頭は X (旧Twitter)にページ画像で公開されていたの … Continued

小説トリッパー春季号 文芸季評に「バリ山行」を取り上げていただきました。”愉快なサンゾウ”

posted in: お知らせ | 0

小説トリッパー春季号の文芸季評に「バリ山行」を取り上げていただきました。評者の中村真理子さん、ありがとうございました。 とてもわかりやすくまとめていただき、また読みたくなるような評を書いていただいた。 小説トリッパーは季 … Continued

Yahooニュース(Bookbang レビュー 週刊新潮)で「バリ山行」を取り上げていただきました。

posted in: お知らせ | 0

ありがとうございます。評者は、あの文芸評論家の栗原裕一郎さん。もっと文字数があれば「メッタ斬られ」ていたのかも知れない。 そして評題が「遭難か、リストラか、純文学には珍しい山岳小説」ときた。そうそう遭難とか、リストラとか … Continued

029『文學界』4月号 新人小説月評に「バリ山行」を取り上げていただきました。そして思ったこと(お知らせ×日乗)

posted in: お知らせ, 日乗 | 0

評者は渡邊英理さんと、宮崎智之さん。お読みいただきありがとうございました。 感謝の気持ちを込めて、文學界4月号の表紙を描いてみた。特に意味はないのだけれど。 渡邊英理さん。言語の共有性について書かれた冒頭の文章が非常に印 … Continued

読売新聞(2/27朝刊)文芸月評で「バリ山行」を取り上げていただきました。--衝撃の事実!

posted in: お知らせ | 0

衝撃の事実! すみません。こんな下衆なタイトルで。ちょっとやってみたかったのだ。 この読売新聞の文芸月評は見逃していて、慌ててバックナンバーの新聞を探した。 過去の新聞ってどこで買えるのだろう? 売店やコンビニの売れ残り … Continued

共同通信・文芸時評「いま、文学の場所へ」2月 で「バリ山行」を取り上げていただきました。

posted in: お知らせ | 0

渡邊英理さんの共同通信・文芸時評「いま、文学の場所へ」の二月版で「バリ山行」を取り上げていただきました。 ありがとうございます。 「いま、文学の場所へ」素敵なタイトルだ。 拙作は「生きる能力とは」と題されて評していただい … Continued

朝日新聞(2/23朝刊)文芸時評に「バリ山行」(群像3月号)を取り上げていただきました。

posted in: お知らせ | 0

評者の古川日出男先生には群像新人文学賞の選考でもデビュー作となった「カメオ」をお読みいただきました。ありがとうございます。 真の”読書”の豊かさ 新しい「視野」で境界超える かっこいい評題だ。 私 … Continued

028 「バリ山行」の追い込み中にウサギに殺されかけた話

posted in: 日乗 | 0

今月は掲載月なので宣伝の為に「日乗」投稿も増やす。 今回の原稿の校了まで、かなり慌ただしい進行だった。しかし原稿の締め切りが明後日に迫った週末、私は娘とウサギカフェに行く約束をしていた。 娘よ、すまん。日本文学の為だ、今 … Continued

{title}New